・業務システム 設計開発 ・Webサイト設計開発 ・パソコン保守 サポート ・ECSite販売 設計開発 ・VBソフト設計開発

072-807-8850受付:9:00~17:00 休業日:土日祝

ネットショップの戦略

ネットショップの費用対効果を考える

お金をかても(投資、費用)良い結果(売上)があがるとは限りません。なぜ売上に反映されたのかをチェックすることが必要です。

・リピート利率を上げる

購入者(顧客)は商品を実感しています。2度3度と購入してもらうための仕掛けを考えましょう。
購入者データを分析して購買履歴、問い合わせ、クレームを記録する。

・原価率は

オリジナル商品は原価率33%までに。これで在庫管理費、人件費、その他費用と利益が見込まれます。

・通販の法律

特定商取引に関する法律、消費者契約法、景品表示法、個人情報保護法

・看板商品

売りたいものでなく売れるもの。ジャンルと強みで判断。

・コストを考える

当初は売上も少ないですが、入庫から発送、代金回収まで。クレジット決済代行、配送会社による代引き、コンビニ収納代行。どのくらいのサイクルで代金回収ができるか。

ネットショップの設計

顧客情報の重要性

・顧客情報を解析する

特定の人に商品を紹介する→リピータになってもらう。無料の特典を送付→メルマガ(情報)発信で顧客へ

・店舗のスタイルを考える

オリジナル型
 サイトの出来栄えで売上が変動。一回目の購入が重要、リピート顧客へ
ブランド型
 商品点数を多くする。サイト自動製作ツールを活用する。
ニッチ型
 ショップの信頼性を高める→商品の選び方→使用時の注意点→ユーザサポートが重要

ネットショップの運営

SEO効果

Googleアナリティクス、ウエブマスタツール

メルマガで顧客から再購入者へ。顧客心理の解析とリピータ獲得へ。